家事の効率を上げる事でどんなメリットがあるの?

ドリンクスペースを

隙間時間の掃除にも

掃除道具は一箇所にまとめておいたり、ハンディの掃除道具は手短な場所に隠しておいたりで対処できます。
気がついた時に掃除をするのが、楽に掃除する方法のようです。
水廻りなどは、水はねや汚れにすぐ対処できることで、カビや雑菌を予防できます。
家電製品の掃除機などもスティックタイプや性能の違うものが多数あって迷いますが、自宅の大きさや間取りを考えて選択すると楽です。
重さや大きさや吸引力など、仕様をよく考えて、掃除機をかける時間の短縮を一番に優先させることが、自分で好きな時に掃除できて、疲れない方法です。
マンションや平屋タイプの家屋か、2階建てや複数階の建物であれば、掃除の仕方や掃除機の配置も変わってきます。
お掃除ロボットのための調度品の配置や買い替えもあるかもしれません。

気になったまま放置しない

洗濯カゴに代用できるランドリーネットなどもあるそうですが、家族に協力をしてもらって洗濯物を洗う前に区別できるだけでも楽になります。
持ち手のついた底にマチのあるタイプのランドリーネットは素敵な感覚の商品です。
旅行にも使えそうです。
洗濯してからそのままどこにでも運ぶのも楽なアイデアは楽しいです。
コンパクトに収納できるメリットもあって。
タオルも区別できる柄や色を揃えると、収納も簡単です。
サイズも、用途に合わせて考え直すと、かさばらずにキレイに収納できます。
洗濯して洗濯物を干し、乾いた後の洗濯物こそが、難アリの家庭も多いかもしれません。
魔法のように、たたまれて勝手に収納されて欲しいところでも、すべて手動。
ハンガーに掛けて、干して乾いてクローゼットに掛けて、の流れに実行ができれば、洗濯でのしわも最低限で、アイロンがけも簡単に済むかもしれません。


この記事をシェアする